材料の一工夫       
  

高級てんぷら屋さんの話・・・・・
カウンターで注文すると美味しいてんぷらがタイミングよく次々と揚げあがってきます。
そのまま食べたり少し香料をつけて頂いたり、会話に花を咲かせながら口から
いっぱい
の幸せが頂けます。
聞くところによると選りすぐった特選品を生産者と直接契約して仕入れたり、
魚介類は
生きたものを(刺身でもOK )素材として使用するそうです。
さすがというか価格からすれば当然というかとにもかくにもお値段分美味いと関心します。
一般にはこのマネは出来ません。毎日スーパーで新鮮そうなもので
出来れば安価なものを
あれこれ探して購入しなければなりません。
又、スーパーでの購入は最近良くなったとは言え、小家族では
どうしても量が多く
残してしまうケースが多々あります。
そこで私は値ごろ感のある普通の材料を使って美味しく調理することと
同じ材料であれこれ工夫して同じ素材でありながら異なった料理を作る様工夫しています。
かっこよく言うならば創作料理です。

例えばこれから旬の「かつお」を半身で買うと1品は「刺身」又は「たたき」にして頂きます。
そして半分は「かつおの角煮」
といった具合です。
「かつおの角煮」は保存も利き材料の有効利用になります。
この方法を全ての材料に工夫しています。
同様に冷蔵庫にある物で料理を何か作る。
私の得意中の得意です。