TOPへこだわっていることお勧めレシピ知っておくと便利ですよ~お取寄せ話題にして頂きましたプロフィール皆様の声フクさんの日常お問合せリンク  
     
   旅  行  食  器 / 陶 器 パ  ン ジャム
 
 
     
広島県呉市(上蒲刈)(2018.04)
瀬戸内海を望む段々畑。そこで実った甘夏は太陽と潮風を自然そのままにたっぷり吸収した甘夏です。20年以上も無農薬です。
後継者不足で放置された甘夏畑は荒れ放題。イノシシが我が物顔で畑を荒らし
かつ雑草が成長し木にそして山に変貌し甘夏の木は枯れて畑は縮小傾向状態です。
       
       
  VIETNAM(ベトナム)(2018.02)
前月に続いてベトナムのダナンとホイアンに滞在。滞在中はミーソン遺跡・フエ王宮・ビーチBBQ・ベトナム戦争の負の遺跡・博物館など見学。その他ハイヴァン峠・ハイヴァントンネルや五行山・フエとダナンビーチでのBBQなど、これまでにないスケジュールで見て回りました。85歳の兄を同伴しての旅行です。
     
       
 

     
    VIETNAM(ベトナム)(2018.01)
ベトナムのダナン・ハイホン・ハノイ
ルートで行ってきました。南国なので暖かいと思ったが今年は異常気温で寒かった。今回は国内の3都市を移動。移動には国内便飛行機・列車・ボート・バス・車などあらゆる交通手段を利用。都市の違いや庶民に近いものが沢山見れました。
 
       
       
       
       
       
       
       
   THAILAND(タイ)(2017.12)
タイのスコータイ。バンコクからバスで7H
チェンマイから5H。1991年世界遺産に登録
13世紀ごろ栄えたスコータイ王朝

お隣カンボジアのアンコールワットは12世紀後半からクメール王朝が反映している。
スコータイとは「幸せな夜明け」という意味らしい。
   
       
 PHILIPPINES(フイリピン)(2017.03)
フイりピンの少数民族tbor族の街を訪問。
それはレイクセブの湖畔地区。ダバオからバス・じぷにー等乗り継いで約4H。
言葉も習慣も違うらしい。
レイクセブではピラテイァを養殖している。
ここに来れば刺身・唐揚げ等ピラテイァの
フルコースが食べられる。魚ピラテイァは白身のさっぱりした魚で美味しい。
     
    THAILAND(タイ)(2017.02)
バンコクから1時間。チェンマイは2度目の訪問。年末と言うこともありヨーロピアンが多いことに驚いた。日本人も多いと聞いていたが出合うことはなかった。私の印象は衣食住全て大満足。良かった。タイ料理も大変美味しい。東南アジアでは最高点。是非また行きたいと思った。コーヒーショップで各国の人達との語らいは実に楽しい。友達がますます増え情報交換にばっちり。
 
       
     VIETNUM(ベトナム)(2017.01)
ベトナムの世界遺産を訪ねてホイアンに。
ホイアンは日本橋やランタンで有名。フエは王宮。ミーソンは遺跡の世界遺産が有る。ベトナム戦争の痕跡はまだ残っているが当時のアメリカ軍が占領していた場所は少ない。それにしても伝統衣装アオザイは何ともエレガントだ
       
       
       
       
TAIWAN(九份)(2016.12)
台北のレトロな町九份。かつて金鉱の町として栄えた場所。閉山後の一時期はさびれてしまったものの、映画「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われている町で、かつ 映画「悲情城市」の舞台として脚光を浴び、観光地としての活気を取り戻しましたとの事。洞窟を通って行くとレストラン・土産物店など風情ある素敵なお店が溢れています。提灯の灯りがなぜかマッチする街。 
     
  TAIWAN(円山大飯店)(2016.12)
台北の最高級ホテル。どっしりとそびえたつ宮殿風の華麗な建物。存在感溢れるこの建物こそがグランドホテル。ハイウエーから見てもその大きさがわかりますがロビーに入ると、その豪華で華麗で壮大な内装にびっくり。全館、中国の芸術文化が漂います。
  TAIWAN(京劇)(2016.12)
昔は屋外の簡単建物で見た記憶があります。(日本では巡業サーカスの感じ)
今では中国でもちゃんとした常設の劇場で見ることが出来るようになりました
。お題目は「西遊記」でした。粗筋は知らなくても説明が見れるようになっていたり役者さんのメイキャップも見れます。進歩したものです。
  VIGAN(フィリピン)(2016.12)
1999年にユネスコ世界文化遺産に登録されたスペイン情緒いっぱいの町です。建築物も当時の時代の物が多く残っています。ホテルも当時の建物を改造しただけで中の装飾品はアンテークそのままです。タイムスリップに出会ったようで何とも居心地が良い街です。
   VIGAN(フィリピン)(2016.12)
石畳にお土産物屋・レストラン・ホテルなどが並ぶ街並み。馬車(カレッサ)に乗ったり散策をしたりすれば歩くほどに文化を感じ取れます。世界文化遺産に登録されたとにかくスペイン情緒いっぱいの街並です。
もちろん骨董品の専門店に入れば時間の経過を忘れてしみます。
   DAVAO(フィリピン)(2016.12)
ミンダナオ島ダバオの街中です。ビクトリア・プラザから眺めた空です。ミンダナオ島は台風がありません。ミンダナオ島の北で発生して北上るるからです。フイりピンも日本同様に南北に連なり島々から成り立つ海洋国です。マニラを中心にそれぞれ多くの島に飛行機・船があります。陸路は名物ジプニー・トライシクルがあります。都会では電車・バス・タクシーもあります。
  JJ MARS(2016.12)
フイリピンに行ったとき必ずお世話になるアパート。もはや私の第二の故郷と言っても過言でない位お世話になっています。このアパートはフィリッピン人アメリカ人その他外国人が滞在しており。インターナショナルなアパートです。アパートはお花が沢山あり清潔感に溢れています。ここを定宿としてあちらこちらを旅するのが最高です。
   サン・オウガスチン教会
(2016.12)
世界遺産に登録されているバロック様式の教会。建築は1774年とか。珊瑚と煉瓦でできています。この重厚なたたずまいに歴史を感じずにはおれません。北イロコスで最も美しい教会だそうです。場所はマニラから飛行機で1時間。ラワグから約トライシクルで約30分です。
   聖ポール大聖堂(2016.12)
マニラからラワグまで飛行機で1時間。ラワグからバスで約2時間半。世界文化遺産のビガンの中心地にある。この大聖堂の直ぐ近くに石畳のスペイン様式の建物を次々様々見ることが出来る。中心地なのですぐ近くにはシテイ―ホールをはじめ大学・裁判所・博物館・ミニ・ス-パーなどもある。
  LAOAGのマーケット(2016.12)

ラワグにあるマーケート。私の旅の原点はマーケットである。臭い・汚い・騒々しいの三拍子がそろっておりそれが好きだ。マーケットの人たちはフイりピン精神そのもの。
底抜けに明るく話しかけてくる、聞けば親切に教えてくれる。旅のヒントを教えてくれる。
マーケットは肉・魚・野菜・雑貨など区分されている。写真にもうまく応じてくれる。
  BELL TOWER(2016.12) 
マニラから飛行機で1時間。空港からトライシクルで約30分。ラワグ河を通ると市内に入るが橋から必ず見える鐘楼。この鐘楼がベルタワーである。今は使用されていない。直ぐ近くに聖ウイリアム大聖堂ガある。つまり過去の遺産として残っている。しかしこの街はなかなか美しい。セブンイレブンをはじめマクドナルドやジョルビーなど新しいものもあちらこちらにある。
  PANABOのビーチ(2016.12)
フイりピンの楽しみの一つにBBQがある。
家族・同僚・会社関係者それぞれ様々な方法・組み合わせで行う。概ねビーチが多い。肉よりもシーフードが多いのも特徴。
家族・親族の誰かの誕生日でもBBQは行う。
食材は肉はチキン・魚が多い様なな感じがする。そして何よりもご飯を持参する。
  Beach BBQ(2016.12)
世界各国子供は素晴らしい。いつも元気をもらう。言葉が通じなくてもすぐに友達になれる。フイりピンは昔の日本同様、子沢山の家族が多い。そして子供は親のみならず社会が育てると言う慣習がある。のびのびと生きている感じがする。どうしても今の日本の子供達と比較してしまう。
  芦ノ牧温泉(2016.11)
3泊4日福島の紅葉と温泉を楽しむ旅行をした。紅葉狩りは各所で満足ほぼ予定通り。最初の宿は芦ノ牧温泉大川荘。だんだん畑風に三段の露天風呂がユニーク。渓流沿いの為その露天風呂からの眺めは最高。ホテルの説明では渓谷の美を臨む棚田風露天風呂「四季舞台たな田」と開放的と説明にあった。しかし、大型ホテルで設備施設に問題はないが私には風呂場が遠く大変であった。岩盤浴も最高。
  湯野上温泉駅(2016.11)
会津鉄道会津線の駅である。何とも風情があり途中立ち寄った。 茅葺き屋根の駅舎を有し駅内売店もユニーク。又。待合室には茅の虫除けのため囲炉裏があり、暖が取れる。駅名標には「江戸風情と湯けむりの里」とある。茅葺き屋根は近くの大内宿の街並みになぞらえてふかれたもの。 これらの特徴から、2002年に東北の駅百選に選定され、2005年度には、日本鉄道賞・特別賞を授与されたらしい。駅舎横に足湯有
  福島岳温泉(2016.11)
安達太良連峰の麓、海抜600mに位置する高原の温泉郷。古く水戸黄門もその効能を激賞したとか。そして天然湧泉の中で、さらにめずらしい「酸性泉」です。湯元から8キロの距離を引き湯していて、約40分かかってこの温泉街まで流れてきます。その間、お湯が揉まれ、肌に優しく評判の温泉だそうです。 その湯元は「安達太良山の「くろがね」小屋付近です。
  鯖湖湯(2016.11)

共同浴場で当時を忠実に再現したと言われている。浴槽温度は47度Cで熱い湯が特徴でもちろん源泉かけ流し。入浴料は200円。3分と入浴出来なかったが何度か挑戦すると身体が真っ赤になった。地元の人達との会話が出来人情あふれる風呂。
入浴後の快感が忘れられない。
  福島高湯温泉(2016.11)
高湯温泉近くになると硫黄独特の香りが立ち込める。秘湯日本秘湯の湯100選の一つ。温泉を愛する人が守り続けた感じの温泉宿。有名文豪も多数訪れた形跡ありあり。ロビーに、斉藤茂吉や勝海舟作などの作品があり、歴史と文化をそのまま感じることが出来る。もちろん源泉掛け流しで心ゆくまで堪能出来た。そして何より白濁温泉が屋内外に沢山あるのも魅力である。再訪
  会津城(2016.11)
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に築いたとされている。あまりにも有名になったのは、戊辰戦争で約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城だからでしょう。それゆえ“難攻不落の名城”と言われるようになったと思われます。1868年9月22日午前10時、1ヶ月の籠城戦に耐えた鶴ヶ城に、遂に降伏の白旗が掲げられ、会津戊辰戦争は終結したとされています
   福島須賀果樹園(2016.11)
福島で桃・林檎を主体に生産している果樹園。ふじ林檎のもぎ取り直前時期に訪問。枝もたわわに実る林檎を真近に見た。
しかしこれまでに大変の苦労があることも聞いた。果実はそれぞれ収穫までに苦労があるそうです。又、林檎の品種も多くありますが今ではふじ林檎が最高とされているようです。
  土津神社(猪苗代町)(2016.11)
会津の礎を築いた初代藩主・保科正之公ゆかりの神社。モミジの葉で埋め尽くされた境内は赤い絨毯を敷いたような美しさ真っ赤に色づくモミジは息を呑むほどです。観光客が殆どいない隠れた名所。創建当初は、日光東照宮と並び称されるほど豪華なものだったようですが、戊辰戦争の際に消失。神社ともに会津藩主松平家墓所として国の史跡に指定されています。
   国宝 松本城(2016.10)
国宝松本城は1500年頃築城。五重六階の天守は、現存する日本最古のもの。松本城は、三重の水堀に囲まれ。
本丸には、天守閣と御殿。二の丸には、御殿が2棟、三の丸には家老をはじめとする上中級の藩士の屋敷があったとされる。総堀の城側には土塁が築かれその上には塀が廻っていて、城の内部は、ほぼ築城当時の姿をとどめている。
   諏訪湖(2016.10)
知名度及び話題の多い諏訪湖。これまで何度も訪れていますが、松本からの帰り道好天に恵まれ高速道路のサービスエリに立ち寄った。何とも言えない景色にしばし感動。諏訪湖と言えば温泉、マラソン大会、花火大会、諏訪大社及びその行事。又近くに多くの観光地。昔学んだ諏訪の日本酒・繊維・精密機器が有名だったことを思い出しました。
   清水牧場(2016.10)
母羊のミルクは仔羊のものです。仔羊が乳離れした後、仔羊に必要とされなくなった母羊のミルクでのみチーズ・ヨーグルトを作ります。よって僅かなミルクしかない。それを使っての加工。フレッシュチーズや飲むヨーグルトはNO.1でオンリー1かも。本来子羊のお腹に入るミルクが人間様に。
   清水牧場(2016.10)
清水牧場のバーベキューに参加。牧場のバーベキューだけに乳製品を使った数々の料理メニューとケーキ・デザート等フルメニューが並ぶ。これぞ私は世界一の牧場バーベキューピクニックだと思う。飲み物も有名ソムリエの参加で各種ワインが披露される。とにかく凄すぎる。
   越前丸岡城(2016.10)

福井県坂井市にある現存天守閣では最古建築様式も持つ平山城。戦国時代の一向一揆に作ったと言われるお城だけにその意向が城内各所に見ることが出来た。例えば階段が特に急である。弘前城・松本城・犬山城・彦根城・姫路城・丸亀城・高知城・松江城・宇和島城・松山城・備中松山城が。現在の国宝4城重要文化財8城の一つ。
   東尋坊(2016.10)

天然記念物。日本海側越前の海岸に約1kに渡って荒々しい波の浸食で岸壁がそそり立っている。断崖絶壁の奇勝地。
最大海から高さ55mの部分もあるとか。
映画・小説で広く広められている。名前の由来は東尋坊という酒飲み坊主が断崖が身を投げたとか
その関係で今でも自殺の名所になっている。
   KOREA(Seoul)2016.09

ソウル旅行(3泊4日)に行きました。
20年振りくらいになります。昨今、サムソンの景気不振のニュースもありその実感を現地・現場に行き五感で楽しむのが目的です。しかし想像に反し実態は違っていた。外国人旅行者は多くその中に日本人の老弱男女も含まれており、これまでのイメージと異なり韓国経済の成長振りを見ました。
  KOREA(Seoul)2016.09

有名韓国料理を現地で食することにした。
どうしても肉料理が多い。
又、韓国料理は宮廷料理を除いてその多くが全てごちゃまぜにMIXする傾向があり、私は好きになれない。しかし価格は日本に比較して安価である。日本食が韓国でモブームとか?しかし「おもてなし」や「繊細さ」はまだまだと感じました。
  広島(2016.09)

世界遺産。永久平和宣言都市。
現職オバマアメリカ大統領の訪問。戦後70年。地球上ではまだ戦争をしている地域もありますが戦争の無い、核兵器の無い世界が早く来るよう手を合わせ改めて平和の尊さを感じました。
  広島(2016.09)

広島カープのリーグ優勝決定後、広島に行来ました。これまでにない飛行機の搭乗者数とその構成が違っていました。そうなんです。(造語になった)カープ女子
ばっかりと言っても過言が無いくらいでした.。広島に大きな経済効果をもたらすと言われています。元気をいっぱいもらいました。
   伊香保温泉(2016.08)

関東から最も近い温泉地と言われる伊香保温泉。これまで多くの文豪立ちもこよなく愛したと言われる。しかし約80軒近くあった温泉宿も今は約60軒とか。温泉地も変化している模様
何度目かの訪問だがこれまでと違った感じを受けた。ここでも生き残りの為の努力が伺えた。
   伊香保温泉(2016.08)

365段の名物階段。訪れた観光客には記憶に残る事間違いなし。階段を登り切ると伊香保神社がありその先には名物露天風呂もあった。階段途中では温泉まんじゅうの店舗があり食べないわけには行かない。
その他水沢観音が同じ地域にあり、ここは水沢うどんとして日本国内では有名である。冷やしざるうどんが美味しい。。
  CHINA哈爾濱駅(ハルピン)

成田から直行便が飛ぶようになったと情報を得た。日本にとって多くのつながりと歴史があるこの場所を是非とも訪問したいと思って訪ねた。日本でも黒竜江省と吉林省と言えばだれもが耳にする地名。しかし驚くなかれ往路は3時間復路は2時間半の近さ。しかし独占フライトで航空券は高価
ハルピンからロシアにもフライトはある。
   ハルピン市内(2016.07)

ロシア統治時代の面影を今に残し、中国とは思われない位、中心地は西洋風の建物が並んでいます。「西洋のパリ」とも呼ばれています。町中は清掃されきれいだと思ったら市清掃員を沢山見掛けました。
バスで郊外に30分も行くと想像通りの中国を見た。ハルピンから北朝鮮国境までは近いと聞いた。
  聖ソフィア大教堂 
ソビエト(現ロシア)が統治していた時代に建立された教会。今は記念館になっている。それにしてもロシアの建築物が沢山残っており上海や北京と同じ国とは思えない位だ。街中は石畳の中央大街やロシアレストランも沢山ある。しかし冬は大変厳しく氷まつりは世界的に有名。その他市内は大開発中で人口も1000万超えもまじかか
  伊藤博文暗殺
韓国の安重根記念館がソウルにあるが、ここハルピンの駅にも安重根義士記念館が存在する。韓国が中国政府に懇願して建てた物。日本と韓国の立場は異なっているが、一方的な評価に基づいて韓国・中国が連携し、国際的に展開する動きは好ましくない。。因みに日本では安重根はテロリストと言われている。
  カラマンシー(Calamansi)
スダチやカボスに似た直径2cmくらいの
柑橘類。ウズラの卵サイズ。
日本で紅茶・焼酎・洋酒にレモンを使用
しますが、フイリッピンではレモン替わりに使用する。もちろん料理にも使用可能の万能選手。 
   
グヤバノ(Guyabano)

鋭くはないけど、皮全体に大きめのトゲがあります。色は緑で、熟しているかどうかは実を押して柔らければOK。硬いときに買い、柔らかくなってきたら即食べる!これがグヤバノの食べ方です。
  マ-ラン(Marang)

原産地はマレーシアのボルネオ島。果肉は甘い白い沢山の小さな種が詰まったいます。ほのかな芳香がありジューシーで大変甘い。しかし日持ちがしないのであまりマーケットでは見かけることが少ない。

私はドリアン以上の「熱帯フルーツの珍味」と思う。

  子供達
機会あってミンダナオ島山間部のバナナ農園に行きました。そこは電気・ガス・水道・ネットの無い生活。自給自足の生活環境。牛・馬・豚・鶏・山羊を放し飼いしていた。夜は自動車のバッテリーを使って電気点灯。夜は寒さ厳しく眠れませんでした。しかし夜空はかって日本で見た満天の星空。長い人生デ初体験
  花見山(福島)

春になれば美しい花を咲かせて人々の心を癒してくれる桜
まさに「桃源郷」の言葉がふさわしいスポットです。

 
  摘蕾(福島)
立春の便りきくごろから桃の剪定がスタートし、それが終わると4月初めころから摘蕾が始まる。今年は桃の摘蕾を体験した。太陽に向いている方を基本的に残し、細い枝のものや密集している部分の花蕾をまびいていく。次には花が咲いてから摘花、そして実になり摘実。
3段階があって初めて7月末頃から大きな桃が収穫できる。
  カカオ(CACAO)

チョコレートの原料カカオ。
果実は約6ケ月で熟し長さ15〜30㎝直径8〜10cm
になり幹から直接ぶら下がる幹生果でカカオポットと呼ばれる。形は卵型が一般的に多い。収穫期は山地によって異なるが概ね年2回で乾期と
雨期にに行われる。収穫された果実は果皮を除いて
1週間ほど発行させ取り出されたカカオ豆がチョコレートの原料になる。

カカオにはポリフェノールが多く含まれている
  マンゴスチン
果物の王様「ドリアン」に対し果物の女王は「マンゴスチン」。マンゴスチンは柔らかい果肉、強い甘みとさわやかな
酸味で上品な味わい。果皮は分厚く固い。皮に含まれる赤い色素は強く簡単に落ちない。それ故果皮は下痢・赤痢・皮膚病などに聞くとも聞いた。
一般的に賞味期間が短く劣化しやすい果物。ドリアン同様高級ホテルなどへの持込みは禁止する
ところが多い。
  
 

 ドリアン(DURIAN)

果実は、受粉後3ヶ月ほどで成熟し、大さは 20 - 30 cm ほど、重さは1 - 5KG ほどになる。1本の木から100 - 200個が収穫される。ドリアンは木によって味が違います。今では冷やしたドリアンが美味しいと評判のようです。

  MYANMAR(4)
ミヤンマー旅行4回目今回はミヤンマーのインレー湖。湖の中には浮島もある。この湖を中心に各少数民族が住んでいる。インレー湖観光の途中立ち寄ったお土産物屋で見かけた種族。金属製のリングをはめて首を長く見せる種族。浮島にはマーケット・寺院・レストランなどあり各種族の交流の場になっている。。
 
   大内宿 
会津藩が参勤交代で宿泊したとされる宿場町。約600名が宿泊したという記録があった。本陣・脇本陣共に面影は殆ど無くみやげ物屋やレストランになっていた。南会津の山中だけにそばの栽培が多かったとの事。今もそばを食べるのに箸の代わりに長ねぎを使う蕎麦屋が印象的だった。
  PHILIPPINES/MANILA 
今年二度目の訪問。今回は公共交通機関(LRT・MRT・バス・ジプニー)を利用。フィリピンは英語が通じるので旅行は簡単であるが日本では治安が悪いので敬遠されている。
(貧困さえなければ)明るい親切なフィリピン人が好きだ。
 
  桃狩り 
ケーキの仕入先、須賀果樹園に桃狩に行って来ました。この須賀果樹園、こだわりが多く常日頃から研究と努力「肥やし」に特段こだわる。しかし8/6ようやく例年通りの美味しい桃が生産出来たが去年と比較するといささか甘さが欠ける。残念である。
  TAIWAN
台湾と言えばサツマイモの形をした島国。ポルトガル語で「麗しの島」と言う意味らしい。屋台を除き衛生面でも清潔。同じ中国人の住む大陸とは比較にならない程きれい。 しかし皮肉にも中国本土と同一とみなされ残念ながら世界遺産がこの国にはない 
  シェーブル 
真っ白いわずかな酸味とコクがさわやかなチーズ。
フランスではチーズはシェーブルに始まってシェーブルに終わるといわれるほど山羊乳は人生のパートナー。
  チーズ見本市(フランス) 
15世紀の木骨組みの家や石造りの壁が交互に並びレストランやカフェそして石畳がきれいなフランスの街ツゥール。
今年そこでフランス全国チーズ見本市が開催され日本のシーズ生産者の各種チース
゙展示ブースが設置され、そのお手伝いに行って来ました
 
  田植え    
幼少期に記憶がある田植えを約40年振り体験。田植えは種籾の準備・種まき・育苗を作る事から始まる。一方田んぼでも田植え前、田起こし・代かきという
作業がある。つまり田んぼに水を入れ前年の稲株を分解したり肥料と土がよくまざる様・田んぼに水漏れがないように又整地する作業である。
  羊牧場(釧路)
羊は8000年前から人間共に暮して来た衣食住をまかなう大切な家畜である
草食動物である羊は人間が食べられない草を肉や毛や乳にかえてわれわれに提供し又彼らの糞や死骸は土へと
還元され又草を育てる。

私には温かなセーター・柔らかくジューシーなラム肉が思い浮ぶ。
  花見山公園(福島市)    
「福島市景観100選」の一つ。今では全国的に有名。蚕農家から私有地の山を開墾して1本1本植えて増やしたいう。春になると毎年梅・桜・桃・レンギョウ・ボケ・サンシュ・
モクレンそして椿などの花がいっせいに咲き競う。まさに百花繚乱。
  フイリピン(2) 
ボホール島チョコレートヒル 
  
絵に描いたような幻想的な世界が広がっている。高さは30~40mの円錐形の小丘が約1200個地平線の果てまで続くと言う特徴の景観となっている。
時期により色が緑から枯れてチョコレート色になるそうです
 
  フイリピン(1)    
何処となく東南アジアにあって他の国々とは違う国フイリピン。台風の国・スペイン時代の面影が残る。(東南アジアで唯一ラテン系が強く残る国)治安が悪く貧困・退廃・危険と言うイメージの国。国民の多くは(約90%)キリスト教と言うお国柄だけあって街中いたるところに教会がある。
INDIA(2)    
沐浴場(ガート)最も有名な観光地でもあるヒンズー教の聖地。ガンジス河(ガンガー)が南から北へ流れる所に沐浴場が並ぶ。なんと約80近い沐浴場があるとか。
時の権力者や王様が作った眺めの良い離宮とも言える。ヒンズー教を信ずる人達にとってはガンジス河は風呂・トイレ・洗濯・炊事・生活の場そして火葬場。全てがごちゃまぜ。でとしているようだ。
  インド(3)    
ナレスの町にはウンチがいっぱい。
殆どが牛のウンチ。山羊・野豚・鶏・犬・猿その他の動物もいるが圧倒的に多いのは牛。牛は放し飼いでゴミや紙などを食べている。(写真左)サルナートは釈迦が初めて法を説いた場所として知られています。
釈迦は多年の善行と瞑想の末ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開きブッダ(悟者)となったとか。サルナートはベナレスの北方約10kmの所にあり
今は遺跡と共に公園になっています。
  ミヤンマー(3)
三度目のミヤンマー訪問 写真はポッパ山の中腹タウン・カラ(737m)呼ばれる岩峰で宿泊したポッパ・マウンテン・リゾート(ポッパ山側)から撮影したものです。頂には信仰の聖地らしく寺院が神々しくそびえ立っている。
本来ポッパ山1518mの山頂にあったものが過去の火山爆発で山頂部が拭き飛ばされて現在の場所にあるととされている。ポッポ山は緑豊かに木々に覆われ種々多様な動植物の宝庫とされ
 
  インド(1)    
日本からの直行便が運航を始めたインドを訪ねた。折角のインド。ありきたりのルートを避けて許すかぎりの日程で訪問したのはニューデリー・アグラ・バナラシ(ベナレス)・コルカタ(カルカッタ)・インパール・コヒマ・ディマプール・コルカタ・バンコク経由成田。とりわけインド北東部のミヤンマー・バングラデイシュ・ブータン・中国に囲まれた三角地帯の秘境と言われる地域。
  チーズ生産者訪問
中国山地の三次市。「三良坂フロマージュ」。たぬき・きつね・鹿・イノシシ・ねずみ・・・・etc。限りなく自然に近い状態で「山羊」を中心に飼育している。広大な山林を開拓しそこでは「仔山羊」が時々迷子になるくらいの広い牧場未開拓部分を含め後楽園球場の数十倍の広さがあるとか。生産者のたくましさが記憶に大きく残った。 
  マレーシア    
日本人の停年退職者に人気NO1といわれるマレーシア。又、この国はトロピカルフルーツの宝庫。果物の王様ドリアン女王のマンゴスチンその他日本では高価なマンゴー・ドランゴンフルーツ・ランブータンなどが簡単に安価で手に入る。
(写真はジャックフルーツ)
  チーズ生産者訪問
これまで何度か訪問した牛を中心の「吉田牧場」を訪ねました。牧場開拓から思考錯誤を繰り返しさまざまの困難を乗り越え日本では数少ないチーズ農家(フェルミエ)の吉田さん。夢と希望を追い求めて美味しいチーズ生産者のこだわりと努力が妥協のないチーズを生み出して行く。
このようなプロフェショナルが作ったチーズだから美味しいはずである。
 
  瀬戸内海しまなみ海道   
(歩ING挑戦)
しまなみ海道スリーデーマーチに初参加。
合計80KMを2泊3日。今治から尾道まで。島々を歩く。橋から海峡・瀬戸内海を眺めながら途中は観光・休憩可。
島の宿泊は海の幸を戴き満足と達成感で爽やかさを収得。初回ながら完歩賞を受賞しました。来年は????
今は参加する自信はないが月日が経過すると参加するかも??の心境です。
  天城高原
部屋から一日中富士山を眺めていました。
このホテル展望風呂からも又何より風呂のサウナの部屋からも富士山を望むことが出来ます。。一日中を眺めていても飽きない富士山。富士山と変化する雲の流れ。
絵心がないので頭の中にしっかり記憶しました。帰路は立ち寄ったのは伊豆町のパン屋「ダンケ」。地方にありながらご主人がこだわり者。なかでもドイツで修業したというドイツパン。知る人ぞ知る業界ではヒット商品の創作者。

 
  浙江省杭
東洋のベニス「江南地域」を訪れ,素朴な中国の田舎の雰囲気をたっぷり味わって来ました。街は小川に臨み天馬船が往来する様。小さい橋の下を水が流れ、白い壁に眉墨色の瓦がなんとも優雅でした。
人口が日本の10倍以上オリンピック・万博を開催して経済発展目覚しく進歩を続ける様は脅威的でまさにニュースや写真そのもので百聞一見に如かずでした。沿岸部と内陸部と東北地方の貧富差など課題山積の中国の一端に触れ忘れ難い想い出になった
  桃収穫体験
例年ケーキに使うネクタリン。
仕入先の福島の須賀果樹園に桃の収穫体験で訪問。。福島の桃収穫時期は8月初旬から9月頃まで須賀果樹園では品種は白鳳・あかつき(桃の王様)・まどか・川中島白桃・くにか・黄金桃・ゆうぞら・ネクタリン
を出荷しているとの事。桃は繊細のため朝取り午後出荷となる。(出荷時期は猫の
手も欲しいくらい多忙である)

 
   中国アモイ(土楼)
2008年世界遺産登録
中国福建省アモイの土楼二宜楼・南陽楼に行きました。土楼は円形と方形があり今だ約4000戸余り残存しているとか。大きなものは直径71mで同心円上4F作り部屋数は約200とも。元々は外部からの侵略強奪を防ぐ為の集合住宅で土台は石を壁には竹や木で骨格を作り土、もち米、黒砂糖などを塗り重ね、地震や火事又は数百年の風雨の浸食にも耐えうる頑丈な作りになっているとか。
  加入道山・大群山
(大室山)1588m
 
     2012.06.27
山梨県と神奈川県境にある大群山別名大室山に西丹沢自然教室→用木沢出合→白石峠→加入道山→大群山→犬越路→用木沢出合→西丹沢自然教室のルートで歩行距離14.5km歩行時間7時間

さわやかな水音の響きが有った。
 
  尾瀬国立公園   2012.06.12
??年振り尾瀬にハイキングに行って来ました。尾瀬と言えば至仏山・燧ケ岳など2000m級の山々そして尾瀬沼・大湿原・山小屋・木道・水芭蕉・日光キスゲ等々シンボルが沢山あります
期待通りの光景にすっかり癒されました
  西沢渓谷
5月新緑の美しい樹林と清流を求めて山梨県の西沢渓谷に行ってきました。まばゆいほどの新緑と清流が見事にマッチ歩くたびにさまざまな滝・滝壺・奇岩は感動ものです。クライマックスは7つの滝と5つの滝壺からなる七ツ釜五段の滝です。  約4Hの渓流散策の後は三富町の町おこし露天風呂に入浴して疲れを取り除けば疲れも忘れ楽しい想い出がお土産です。
 morocco1 モロッコ(1)
「アラビアのローレンス」「カスバの女」
「カスバ街道」数々の映画のシーンで是非とも一度は訪れたいアフリカ大陸のモロッコ。大西洋に面した都市・万年雪のある4000m級の山々その山脈を境に土漠・世界一の砂漠(サハラ砂漠)と続く台地少しのオアシス。7世紀ごろから残る数々の世界遺産。日本と全く異なった風景・文化・宗教・人種。これまで見たことのない自然に堪能満喫した。
morocco2  モロッコ(2)
世界で最多の宗教イスラム教。
日本でも既におなじみのタジン鍋の元祖。
肉はマトンが主。豚はイスラム経では食べない。
郷に入らば郷に従えの精神
シシカバブーは日本ではあまり口にすることがないがご当地で簡単に入手可能。
 
 takayu 高湯温泉(吾妻屋)
標高750mに湧く温泉。開湯400年の歴史ある雪の残る日本の秘湯「高湯温泉」に行って来ました。硫黄臭のある白濁した源泉。泉質が強く、湯船の底には手ですくえるほどの湯花がある。すべて加熱加水等一切なしの源泉かけ流しです。自然そのまんまのお湯につかれる。日本秘湯を守る会のちょうちんが有る宿で大変人気とか。
  蓬平温泉
豪雪地帯新潟県長岡市の奥座敷蓬平温泉に雪景色を見に行ってきました。お隣は2004年10月23日に発生した中越地震で大打撃を受けた山古志村があります。(現在は長岡市に編入)錦鯉の養殖・牛の(闘牛)角突き(重要無形文化財)・ササニシキの棚田で有名です。錦鯉の寿命は平均30年だそうです。 
  日本最高峰富士山
春夏秋冬四季折々日本の象徴富士山。
冬場は空気が澄んで特に関東地方からも富士山が望めます。しかし近場で見る冬の富士山は最高です。御殿場インターから乙女峠の途中ドライブインからのショットです中央高速・山梨側からの富士山も見事すがやはり太平洋側からの裾野の広い優美な風貌の雄大富士山が素晴らしく好きです

石見銀山  石見銀山
世界遺産「石見銀山」と伝統芸能「神楽」を見に毎年1回行なわれる広島県大朝町に行きました。この神楽は町の体育館で行なわれます。今年で48回目だそうです。大太鼓、小太鼓、手拍子、笛を用いての囃子で演じられ、見る人を神話の世界に誘う。演目は19件。地域の財産であり誇りを継承する保存会。素晴らしい日本を体験しました。 
 吉田牧場 吉田牧場(1)
念願の岡山県吉備高原にあるフェルミエ(チーズ農家)吉田牧場に行ってきました。
北大出身の夫婦が「牛を飼って美味しいチーズを作ろう」と牧場開発から着手。こつこつと決して妥協しない夢の追求。これまで多くの苦難・困難を乗り越えたともお聞きした。大企業からの誘いも断り自分の信念一途に産業化を避けての家族経営。
チーズの写真  吉田牧場(2)
ご主人の全作さんは、とっても器用な方で何でもご自分で作ってしまう手の持ち主。
お宅には!大きなピザを焼く石釜も!
カチョカハ゛ロ・モッツアレラ・リコッタ・ラクレット・サンマルセランどれも最高でした。
奥様の千文さんは、とっても素敵な方で全作さんの良き理解者でありパートナー。
とっても刺激をうけた旅となりました。
 
 十勝チーズめぐり 十勝チーズめぐり(1)
十勝のチーズ巡りに行って来ました。
さらべつチーズ工房・半田ファーム・十勝フロマージュ・共同学舎等を見学。
共同学舎では、実際にモッツアレラチース゛作りを体験し、このチース゛でピザにして頂きました。ピザ生地にトッピングも自分達でワイワイと作ったピザ。,格別の美味しいピザとなりました。
十勝チーズめぐり  十勝チーズめぐり(2)
チース゛工房の他にも十勝千年の森に出向き,素敵なガーデニングを巡り北海道の雄大さを実感!最後が十勝ワイン城!ここは池田町の役場が経営していますので皆さん町職員の方達なんです。今回のたびは、出発の時から台風の影響で北海道も悪天候でしたが、最悪の天気になってしまったのが最後の一日だけで良かったです。 
  十勝チーズめぐり(3)
いろんなじゃが芋の品種の味見もさせて頂きました。じゃが芋は南米アンデス山脈の高地が原産といわれていますが、こんなに多くの品種があるとは知りませんでした。男爵・メークイン・インカレッドなどは有名ですが、折笠農場でも沢山の種類のじゃが芋を生産されているとのことです。
紫芋のようなじゃが芋もありましたよ。
蓼科山  蓼科山(2530m)
諏訪の富士山とも呼ばれる蓼科山に行きました。約2000mの大河原峠までは車です。将軍平経由ではごつごつした岩ばかりの山頂に1.5hの登山。山頂は岩だらけの広~い平の山です。晴天に恵まれ、山頂からは360度の大パノラマ。八ヶ岳連峰、南北アルプス連峰、立山連峰、浅間山など飽きることのない眺めで時間とこれまでの疲れを
忘れさせられました。
 
 ラオスの写真  ラオス(1)
東南アジアの内陸国ラオスに始めて行きました。スローライフ・世界遺産が目的です。そこはルアンパバーンです。
寝台夜行列車で国境越え(12H)・バスの長旅(8H)目的地は想像通りでした。お寺・町並み・メコン川・毎朝の托鉢風景・ラオス料理全てが素晴らしく感動の旅でした。
ラオスの写真  ラオス(2)
東南アジア最後の桃源郷とも言われるラオス。そしてラオス最大のミステリーが秘められた遺跡ジャール平原を訪ねました。
シェンクワーン県内にこの石壺が1000個以上も有るそうです。誰が何のために?真相は不明のようですが周辺にて石器・砥石青銅の指輪・鉄製ナイフ・首飾り・ガラス玉が
発掘されたことで古人によれば遺体を埋葬する石の棺と考えられているようです。
 
 伊根の舟屋 伊根の舟屋
素晴らしい日本の風景を求めて丹後方面に出掛けた。お目当ては若狭湾の「伊根の舟屋」230件余りの舟屋が立ち並ぶ風景・のどかな風景・生活観ある風景漁村で初めて「重要伝統的建造物群保存地区に選定された町並み」いつまでも残して欲しい。
宿泊は「さとの湯」や「一の湯」等、それぞれ趣き・特徴のある町営のお風呂と柳で有名な「城崎温泉」
チーズの写真  吉田牧場
念願の吉田牧場にやっと行ってきました。
北大出身の夫婦が「牛を飼って美味しいチーズを作ろう」と牧場開発から着手。
岡山県吉備高原にあるフェルミエ(チーズ農家)。こつこつと決して妥協しない夢の追求。これまで多くの苦難・困難を乗り越えたともお聞きした。大企業からの誘いも断り自分の信念一途に産業化を避けての家族経営。カチョカハ゛ロ・モッツアレラ・リコッタ・ラクレット・サンマルセランどれも最高でした。
  オーガニックガーデンへ
佐武ご夫妻が行なっているオーガニック専門のガーデンクッキングに伺いました。
こだわって奥様が作られる食材を使って、ご主人がフレンチ料理を。
アオムシニになって蝶にになるのでは・・・・というくらい沢山の野菜を頂きました。
 大岳山 大岳山(1266.5m)
奥多摩の代表格「大岳山」に行きました。御岳山から大岳山に登り鋸山(天地山)を縦走愛宕神社経由で奥多摩駅。おおよそ5時間30分。「大岳山」山頂の小広場から晴天の日は奥多摩・丹沢・富士山が一望できるとのことですが残念ながらお目にかかれませんでした。 
 有笠山 有笠山(888m)
群馬県のロッククライミング練習場で有名な有笠山と沢渡温泉に出かけました。下山後は沢渡温泉の「まるほん旅館」にまっしぐら。
玄関には「秘湯を守る会」のちょうちんがぶら下っている。
温泉が飲めるのも良かった。
噂に聞いていた草津温泉の上がり湯。
もちろん
肌に優しく美人の湯とも 言われているらしい。
旅館の隣、共同浴場では熱目のお湯もありそれぞれ最高。
ゴールデンロック  再訪ミヤンマー
チャイテイーヨー・パヤー(ゴールデンロック)今にも落ちそうな不思議な岩と仏塔です。これは自然が作り出した驚きの造形です。それだけに昔も今もミヤンマーで屈指の巡礼地になっています。頂上付近には巡礼者のための宿泊施設も完備されています。又、岩が大変有名ですがそこに行くまでの乗り合トラック・頂上付近の人力カゴなどとっても愉快です。
ピンダヤ・カローは高原なので朝夕は大変冷え込み人々はセーターなど着込み日本で言うならば冬の服装です。
 白神山地 白神山地
世界自然遺産白神山地でブナの原生林をみながら散策リフレッシュしました。
樹齢200年とも300年とも云われるブナの巨木。(マザーツリーは推定樹齢約400年だそうです)原生林の他にはブナと関係深い水そして滝。十二湖にも立ち寄りブナ林の間から陽射しに映えるコバルトブルーの青池をはじめそれぞれの趣を持った沢山の池・日本キャニオンといわれる雄大な景観は日常のゴタゴタをすっかり忘れさせてくれました。宿泊はマスメデイアで有名な不老ふ死温泉に宿泊。日本海を眺めながらの海辺の露天風呂では開放感たっぷり。
一切経山  一切経山(1949m)
磐梯朝日国立公園の一切経山に浄土平から登山しました。東吾妻山を登頂。
いずれの山頂からも眺めは絶景。
とりわけ一切経山からの五色沼及び鎌沼、東吾妻山からの猪苗代湖は登山の疲れを忘れさせてくれました。(登山者だけの楽しみで感激が味わえます)宿泊は東北地方でも屈指の野地温泉に宿泊。
東北の美湯の一つに数えられ単純硫黄水素泉(45度~89度)
乳白色の温泉は最高でした。
 
 八子ヶ峰 八子ヶ峰(1860m)
蓼科高原の東急ハーヴェストに一泊してホテル推奨のトレッキングコース9KMにチャレンジしました。青空の下高原のトレッキング。蓼科山・八ヶ岳連峰・南アルプス連峰そして蓼科湖・白樺湖などをすっきり・くっきり・はっきり見ることが出来ました。
すすき・七草・赤とんぼ・鰯雲これからは紅葉刈のシーズン真っ赤なななかまど・紅葉を想像しました。
カンボジア  カンボジア
カンボジアシェムリアップの遺跡めぐりをしました。アンコールトムバイヨンなど沢山の遺跡を何日も掛けて見ました。
時間を変えて同じ場所に何度も行き変化する遺跡群にビックリ。神々が眠る聖地たる名にぴったりです。とりわけアンコールワットの回廊・壁面及び天井の彫刻 は
圧巻です。これでインドネシアのジョグジャカルタ・ミヤンマーのバガン・カンボジアのアンコールワット世界三大仏教遺跡を
制覇しました。
 
 棒の折山 棒の折山(棒の領969m)
埼玉県と東京都の県境棒の折れ山(別名棒の領)に登山しました。
この山は過って皇太子殿下も(日帰り)お登りになった山です。
この山は初心者向きで名栗湖・有明ダム・ゴンジリ峠(権次入峠)岩茸石と退屈がありません。
私は皇太子殿下がハイキング後休憩された名栗温泉「大松閣」に1泊しました。
石割山 

石割山1413m
富士五湖の一つ山中湖西端の山で富士山の雄大な姿が見れる絶好の展望台といわれている。写真の石割り神社のご神体は約10m程ある巨岩で
大きな割れ目があり石割山の由来となっている。
この巨岩をはじめとしてこの山の一帯には「大天狗」
「子天狗」などの奇岩が多くそれぞれに伝説があるようです。
 

 北海道牧場  牧場
北海道道南地方。チーズ工房を訪ねての旅です。家族で又は少人数での工房を何箇所か見せて頂きました。
チーズを使ってケーキを作るものとしてチーズ工房は普通体験出来ない素晴らしい旅行でした。チーズの製造過程・熟成期間・海外修業の苦労話etc
大変感激しました。
八丈島玉石  石垣
八丈島の陣屋跡付近の玉石垣。この玉石は近くの海岸から運んだといわれている。
流人の島として名高い八丈島。
昔流人が一個の握り飯と交換を求めて一個の石を運んだともいわれている。
なにより、八丈富士のトレッキングがお奨めです。
 
 縄文杉 縄文杉
世界自然遺産念願の屋久島「縄文杉」を
見に行きました。面積500Kmの屋久島では大王杉・ウイルソン杉・夫婦杉・爺杉など何千年物の大木がぞろぞろそこかしこで見れます。中でも推定7200年と言われる最長老の巨木これが縄文杉です。この縄文杉を目の当たりに見る為に片道約6時間掛かりました。(がけ崩れの為迂回)
早朝からヘッドランプをつけての登山
(ガイド付)。帰りは同じコースを又6時間。
苦しい登山者へのご褒美に思われました。
大自然への感動・心に残る想い出です。
  山椒取り
誘われるままに御殿場へ。
想像がつかなかった山椒狩り。
初体験をした。
明日からの料理が楽しみです。
 
 ミヤンマーバガンの遺跡 ミヤンマー(1)
昔ビルマ今ミヤンマー。昔ラングーン今ヤンゴン。ヤンゴンの象徴はシュエタ゛コ゛オン・ハ°ヤー(ヤンゴンを見守るミヤンマー最大の聖地)又、ヤンゴンから飛行機で約1時間昔パガン今バガンに
到着する。バガンにはほとんど11~13世紀に建てられた3000とも4000とも言われる仏教遺跡が点在している。
パガン王朝の栄華は1044年といわれている。普通だったら間違いなく世界遺産のはずであるのだが?
 インレー湖で出会ったトマト運搬船 ミヤンマー(2)
トマト満載ミヤンマーのインレー湖で出会ったトマト運搬船。過ってそうであった日本の物流状況も今ではありえない珍しい光景に
感動した瞬間です。
冷蔵設備も充分でない状態でかつ長時間の輸送。品質を考えたら驚きです。
昨今の日本の環境・食料事情を考え
改めて感謝感謝です。
 
 立山連峰 立山連峰
立山アルペンルートあの有名な立山アルペンルート。
素晴らしい立山連峰・大規模コンクリート黒部ダムetc
雄大な大自然にとにかく脱帽しました。
2泊3日のスケジュールでしたが、立山
連峰には是非又挑戦したいと誘惑されました。
  金時山
手軽な山と箱根の宿泊に合わせて登山。残念ながら富士山は見えなかった。次回は富士山を金時山からみたい。
登山の後の温泉は格別。

 
 ドラゴンフルーツ&ざくろ ドラゴンフルーツ&ざくろ
東南アジアのベトナムやカンボジアのマーケットで必ず目にします。種類は大きくホワイトとレッドの2つです。果肉は白もしくは赤いゼリー状で豊富な果汁を含んでおり、
一面に胡麻粒のような黒い種子があるが、種子は取り除かずに果肉ごと食べられる果肉をキューィと同じようなショリショリとした食感があります
 ラディシュ(紅白) ラデイシュ(紅白)
ダイコン(大根)とカブ(蕪)の区別つきますか?それぞれ沢山の種類がありますが大根はアブラナ科です。世界の大根はヨーロッパダイコン、中国大根、日本大根に大別されるそうです。
焼魚に添えてある大根おろし・・・・納得です
葉の部分も鉄分ビタミン・カルシゥムが含まれている
 
 安達太良山 安達太良山
日本百名山の一つ福島県の安達太良山登山に行きました。
快晴に恵まれリフレッシュしました。
帰りには岳温泉に一泊です。
適度なトレッキング&温泉は私にとって
癒しの代表です。
 蓮花寺 とっておき
お寺めぐりで誰もが訪れる名所京都。
清水寺をはじめ有名なお寺はたくさんの観光客でにぎわっています。
有名なお寺もけっこうですが歴史を残す
ひっそりしたたたずまいのお寺のお参り・散策もおつなものです。
京都在住のお客様からの情報で訪れた
「蓮花寺」はお勧めの一つです。
 
 宮島 日本三景
宮島(広島)の旅館での食事。
前菜で「牡蠣」と「紅葉」の盛り付けは流石です。この旅館、割烹旅館なので食事とお庭は最高でしたが今一つ物足りないことは温泉でした。温泉と名前がついていますが低温のためか沸かし湯らしく風呂が狭いことでした。
フランスの朝市の写真  FRANCE/マルシェ
チーズケーキに欠かせないチーズ。
日本は専門店・デパートでも充分な品数が
ないところがまだまだ多い。それ故なかなか自分好みのチーズ発見は難しく感じます。去年パリ在住の知人を訪ねてマルシエを案内して頂きました。品数の多さ、リーズナブルな価格チーズはやっぱりヨーロッパだと改めて感激しました。
 
 
 
 



 陶器・食器
  旅  行    食  器 / 陶 器   パ  ン  花
 



  カジカ(鰍)のオブジェ
地方によっては、他のハゼ科の魚とともにゴリ・ドンコと呼ばれることもある。
体色は淡褐色から暗褐色まで、地域変異に富んでいる。
日本固有種で、北海道南部以南の日本各地に分布する
そうです。
ただし、北海道に生息するのは小卵型のみである。
見た目は悪いが、とても美味な魚とされる。
新鮮だと刺身でもOKとのこと。白身です。薄い鱗あり。
汁物、鍋料理では、大変美味な出汁が良くでる為
「なべこわし」とも称される。

  日本各地で食用にされ、汁物、味噌汁・鍋料理や佃煮、
甘露煮などにして食される。
代表的なものに石川県金沢市の郷土料理「ゴリ料理」。北海道留萌地方では、ギスカジカの卵巣を食する「卵の醤油漬け」もあるそうです。
このカジカの焼き物は知床窯の傑作品です。
 
何ともあどけないひょうきんな姿に癒されます。 
わが家のリビングルームにオブジェとして鎮座しています。
もはや家宝の一つです。
  登り窯 

陶磁器等を大量に焼成するために、炉内を各間に仕切り、斜面等地形を利用し重力による燃焼ガスの対流を利用して、
炉内の各製品を焼成時に一定に高温に保てるよう工夫された窯の形態のことをいう。表面に釉薬を使用する場合は製品の均一という点でこの炉窯が優れている。
交通が発達するまでは、消費地に近い、製品の原料となる粘土、燃料、水が豊富な場所が立地に選ばれたらしい。
信楽焼の登り窯が有名。現在は使用していないが益子や沖縄でも見かけました。。

 オンリーワンの器 オンリーワンの器(裏)

私のお気に入りの陶芸家、知床千人さんに作って戴いた
寿し盛り台です。大変気に入っています。
千葉の太巻き祭りずしを盛ってみました。
卵巻きの色を際立てさせたいので器をあえて裏側に
盛りました。私は裏側もとっても気に入っているので
リバーシブルに使っています。
 オンリーワンの器 オンリーワンの器(表)

しめ鯖を作り、鯖寿司に!いくら巻きはなんとこの器を作ってくださった仙人さんが、息子さんと一緒に海釣りでとった鮭からとったイクラなんですよ。毎年送っていただき寒干の
鮭を使った炊き込みご飯が最高なんです。
鮭の皮がとっても美味しい。
独特の臭みがないのは鮭を加工する時、念入りに
ぬめりを取るからだそうです。
 鮭の炊き込みご飯 伊賀の土楽釜

これが、鮭の炊き込みご飯です。
仙人さんが送ってくださった中辛の寒風干し鮭を
焼かずにそのまま入れて炊き込みます。
生姜を少し入れて。
炊きあがったら鮭を取り出し、丁寧に骨をとってから
ご飯に混ぜ込んで、イクラをのせていただいたら最高です。
これにお茶をかけたら「茶漬け」!
我家ではいつも土鍋で炊きます。
この鍋は伊賀の土楽さんのです。
ご飯がとっても美味しく炊けます。
私が小さい頃はこれが鉄釜で薪で炊いてふっくら
ご飯が食べられました。
ご飯を盛っている器は仙人さんの息子さん作。
大好きな器のひとつで用途が沢山あります。
息子さんいわく、紅茶などをいれて飲むと
美味しいそうです。 
 鮭の炊き込みご飯
  スープカップ 

このプロポーションに直ぐにほれ込みました。
又、手に取って見ても大変持ちやすく実用的だと判断。
即購入しました。購入後再三使用していますが
大変満足しています。
窯元訪問  窯元訪問

ケーキ・お料理に合う器を求めて全国の窯元に時間が取れればお尋ねしています。
その土地の砂に合った器がその時代時代に沿ってそれぞれの思いを込めて誕生した器。
どれもこれも歴史が甦り感動しています。
手にとって説明を受けると作家の人間性が想像出来ます。
チャンスがあってその器の作成までのあれこれこだわり、失敗談などご説明を受けると
欲しいものばかり。購入には懐との相談でいつも時間オーバーしてしまいます。
陶芸市 陶器市

年2回開催の栃木県の益子陶器市に行きました。
ここでも例外なく大地震災害の傷跡が多くブルーシートに覆われた住宅の屋根をあちらこちらで見かけました。
もちろん窯元の多くも被害を受けて窯はもとよりこの日のために焼き上げた
作品の多くが破損・被害を受けたと聞きました。
災害復興の今年の陶器市?例年に比較して人出が少なかったようにも感じました。とにかく早く通常に戻るよう祈るばかりです。
今年は新作のお皿を購入して早速皿うどんを作ってみました。
器良ければ料理もバッチリです。

陶芸作家の知床窯のお皿  5月のゴールデンウイークに益子の陶器市に
出かけてきました。
私のお気に入りの陶芸作家の知床窯でまた数点購入
して帰りました。
早速その器を使って、お料理つくり。
息子さんの新作とお父さんである仙人さんの器2個を
使ってちょっと歩いた後で暑かったのでざるうどん、
いや皿うどんでさっぱりさらさらお昼としました。
購入するとき、息子さんは洋風でも和風でもどちらにでも
合うように作りました。と言ってましたが、その通り使い
勝手の良い器なので嬉しいです。 

自慢品「古式三島(こしきみしま)」

自慢品「古式三島(こしきみしま)」

益子の陶器市。
知床窯「星の宮陶房」で(極上の古格と雅味)購入しました。
知床窯さんが李王朝時代の名品発掘陶片・文献を
もとに試行錯誤のすえ「知床窯古式三島」として
再現されたものです。
赤い土で成形した器に、乾燥前一つ一つ、
手彫りや印花で文様を刻み、その凹部に白い土を
埋め込んで表面を削り落とし、文様を磨き出す方法。 
それはまさに王朝の権力の象徴です。現代の人件費に
換算すると「器に金を張るより高価」な技法だそうです。
 タジン鍋

流行の「タジン鍋」

アフリカはモロッコで生まれた土鍋。
とんがり帽子が特徴のタジン鍋は水が貴重な地方ならではの鍋。この蓋に具から上がる水蒸気が集まることで、水滴となり、無水に近い状態で煮込みができるのです。もちろん何を入れても良いのですが、水分を多く含むものを加えることがポイントです。蒸し料理を作る究極の調理鍋は油を使わないのでヘルシーです。佐賀県有田焼を旅行したとき購入しました。 
朝市(京都大原)  

朝市(京都大原)

京都大~原三千院・・・・・
市内から少し離れていますが朝起きして
大原の朝市を訪ねました。
全国津々浦々朝市は有りますが、
鯖街道の途中だけ有ってこじんまりしていましたが
なかなかにぎやかな朝市でした。
輪島・高山は有名ですが最近は住宅地の
スーパーでも行っていますね。
東京かラきましたと言うと珍しいのか豚汁を
サービスしてもらいました。

 登り窯
登り窯

沖縄に行ったときの窯元の登り窯です。
登り窯も窯元で少しずつ違います。
現在でも全国各所で見ることが出来ます。
やきものの大事な製作工程「焼成」で
窯の様式のひとつです。燃料は松薪です。
登り窯は山の斜面にそって階段状に焼成室を数室並べ、一番下の部屋を胴木間(どうぎま)といい次の室から品物をいれ、薪を使って焼成します。胴木間(どうぎま)は薪をくべる燃焼室で、その上の焼成室にも小さな口があるのでそこからも薪を入れます。各室が煙突の役割をもち、連続的に焼成でき、単室の窯と比べ熱効率が良く、たくさんの品物を一度にやけるので量産にむいているそうです。
    このページのトップへ



 そのほか
  旅  行  食  器 / 陶 器  パ  ン  花
 



   
     オレンジパン  
  チーズケーキ  
       
照り焼きライスバーガー  胡桃入りテーブルロール  フラミッシュ
(ズッキーニーと生ハム) 

 
フラミッシュ
(きゅうりとコーン)
 
 
レーズンベーグル 甘夏ピールのカンパーニュ  キッシュ
(玉ねぎと手作りアンチョビ)
オレンジパン

塩ケーキ
(ケイク サレ)
トウモロコシパン 
五穀パン チーズパン
チーズパン
 
 
 
   
バターロール
 
   
 料理教室

料理教室

現在大手食品会社で有名料理家のお手伝いを
時々しながら、栄養指導・栄養計算・
クッキングアドバイザー・HPのレシピ提案・
料理本の編集サポートなどおしています。
料理教室ではプロの先生との出会いが毎回大変勉強になり感動です。
最近では私自身にも飛び入りで料理教室の講師依頼があり、
喜んでお引き受けさせて頂いています。
   
 
 そのほか
 
 リンゴ(紅玉)ジャム   リンゴ(富士)ジャム 桃ジャム 甘夏マーマレード 
 
 甘夏ジャム 青梅ジャム  レモンマーマレード 梅ジャム 
 
 アンチョビ  ルバーブジャム ブルーベリージャム 
       
 レモンジャム 紫芋と林檎のジャム   玉ねぎジャム
       
アンチョビ   保存食(塩レモン)   保存食(玉ねぎ) 鰹のオイル漬け  
       
杏ジャム  苺ジャム   ツナのオイル漬け バニラ